リモワの歴史から現在の作りが見えてくる

リモワの歴史から現在の作りが見えてくる

guvkmEVj No Comments

創業から100年以上の長い歴史を持っているのが、ドイツのスーツケースメーカーとして世界中のビジネスマン・トラベラー達に愛されている「リモワ」です。
世界を股に掛け出張の多いビジネスマンにとっては、スーツケースは無くてはならないモノです。
しかし、コスパ抜群のスーツケースもある中、「リモワ」のスーツケースは高級ケースとして知られています。
多くの製品が20万円〜です。
何故、その高級ケースをビジネスマン達は高く支持しているのでしょうか。
今回は、客観視して「リモワ」の歴史から強みを考えてみたいと思います。

■リモワの歴史について


1898年、ポール・モルシェックというラゲージ職人がスーツケースメーカーを創業しました。
その当時のスーツケースの素材は木製が主流だったようですが、ラゲージ職人は安定性や軽量性をケースに求め始めたようです。
1920年代にはエレガントなスーツケースメーカーとして知名度が上がり、1930年に後継者の名前や商標という意味合いを込め、今の「リモワ」が確立しています。

■世界初の開発


「リモワ」では、世界初となる防水加工を施した軽量型のメタルケースを開発しています。
その当時、どのメーカーも苦戦していた技術の先駆けとして注目を集めました。
ちなみに「リモワ」では、職人技とハイテクの融合をモットーにしていますが、2000年代になってからは、ポリカーボネイトを使用するなど、耐久性と耐衝撃性を兼ね備えたスーツケースを開発しています。
これによりさらなる軽量化ができ、今まで以上に身軽な移動(旅)ができるようになっています。

■リモワ製品について


このような歴史を経て、製品のラインナップを充実させている「リモワ」の特徴としては、先にもあげたように強度があります。
スーツケースを見ただけで「リモワ」と分かるのが、トレードマークにもなっているオウトツのあるリブ加工です。
航空機からインスパイアされたそうで、ドイツの技術検査協会の基準を軽くクリアした製品になります。
また、強度のみならず軽さも特徴です。軽量化するためにリブ加工が施されているのでしょう。
パンパンに荷物を詰めるだけに、スーツケースが軽ければ、大助かりです。
また、スーツケースの艶もポイントで、ハイクオリティなケースだと捉えることができます。
リモワの数あるケースのなかで、人気となるのは「TOPAS」シリーズです。
上品さと強靭さのある表面とは異なり、中身はコンパクトながらもたっぷり収納できます。

 

リモワ(RIMOWA)スーツケース専門通販サイト
https://www.suitcase-mania.net

スーツケース、所有は単なるクローゼットの邪魔モノ!スーツケースをレンタルに変えたら悩みが全て解消されました!

guvkmEVj No Comments

私は大学時代の時、海外旅行に行くためにスーツケースを買ったんです。

サイズは10泊以上の荷物も入るLLサイズのものです。会社に入ったら海外出張もあるだろうし、結婚をして家族で旅行に行く事もあるだろうし、大きいスーツケースは絶対に必要だとその時は思っていたんです。けれど、実際に社会人になってもそんな事ってほとんどない現実に気がつきました。

海外出張なんて、特定の部署に配属されない限りまず、あり得ません。それまで2年に一度くらいは家族で海外旅行なんて思っていましたけれど、実際に家庭を持つと家計は火の車で優雅に海外旅行なんてほぼ無理ですね。すると途端に邪魔になってしますのがLLサイズの大きいスーツケースです。

 

10泊以上の旅行に行く時は絶対に必要なサイズですが、クローゼットに置いてある時には完全に邪魔モノでしかありません。

LLサイズのスーツケースが置けるスペースがあれば、他の物を収容できるのになといつも思っていました。そこで私はスーツケースの中に使わない物を一杯詰め込んで少しでもスペース確保のために工夫をしたんです。そんなスーツケースをクローゼットの棚に置いておきました。

それからしばらくして、クローゼットの整理をしていた時の事。目一杯、スーツケースに物を入れていた事を私はすっかり失念していました。

 

何気なくスーツケースを棚から下ろそうとした時、その思いがけない重さに私は大転倒、なんと骨折をしてしまいました。

それからですね、普段は無用のスーツケースはレンタルにしようと思ったのは。

 

ネットで調べたら最近ではスーツケース専門のレンタルサービスがあるではありませんか。しかもいろいろなサイズ、そしてブランドの物が揃っています。自分が借りたい時にネットで予約をすればすぐに送料無料で送ってくれたりもします。

これ、調べれば調べるほど大きくて普段は無用のスーツケースはもはや所有するのではなくレンタルで利用するのが一番という思いが強くなりました。

実際に使ってみると、これがとても便利。何が便利かというと旅行行程に応じてサイズが選べるというのが良いですよね。おかげで狭い我が家では邪魔なモノがひとつ減って大助かりです。

スーツケースレンタル、これ料金もわりとリーズナブルです。スーツケースって使わなくても結構、劣化してしまうもの。実際に使おうと思ったらキャスターが劣化で割れていたという口コミだってよく聞きます。それなのに高いお金を出して買うのはやはり勿体無い気がします。

やっぱり考えれば考えるほどスーツケースのレンタルって合理的ですよね。

普段、家にあるスーツケースって邪魔だなと思っている人は是非、参考にしてみて下さいね。

初めてモンクレールを着た時から虜に

guvkmEVj No Comments

私がモンクレールのダウンジャケットを初めて着たきっかけは、夫からクリスマスプレゼントで貰ったのがモンクレールのダウンジャケットだった事でした。

それまで冬のコートやダウンジャケットはブランドにこだわらず、ワンシーズン持てばいいやという感じのお手頃な値段で購入できるものを羽織っていました。ですが、モンクレールのダウンジャケットを着た時からその軽さと暖かさに魅了され、その時からモンクレールしか着ないようになっていました。

今まで着てきたダウンジャケットは暖かくても重たく着ていて疲れるものだったり、軽くて良いなと思うものは薄くて寒かったり…どこか難点がありました。

モンクレールに袖を通した時、ダウンジャケットなのにこんな軽いものがあるなんてと感動し、肩こりがある私にとってはとても嬉しいものでした。そしてデザインも豊富なので好きな形やサイズが選べるところも嬉しい点です。

私が夫にプレゼントで貰ったものは、キッズサイズのものでした。

海外サイズなのでキッズのものでも着れるサイズが沢山あります。通販でもキッズサイズの物が多く売られていて、大人の方でも着れますと記載されているものもよく見かけます。

初めはキッズサイズなんて入るかなと心配していましたが、ピッタリで大人が着ても自然に見えるデザインでおかしくありませんでした。そして暖かいのでモンクレールのダウンジャケットを着ると、中のインナーが一枚でも大丈夫なくらいです。真冬でも寒くないので寒い地域にお住いの方にはとてもお勧めなジャケット、お値段は少し張りますがその分しっかりした作りで長く着れるので大事に使えば何年も着れます。

私が着ているのがショート丈なので、次はミドル丈の物を購入検討しています。

オシャレをばっちり決めたいのであれば、フランスのダウンジャッケットブランドである、『モンクレール』しかありません。

guvkmEVj No Comments

オシャレにダンディーな服装にしたいのであれば、フランスのダウンジャッケットブランドである、『モンクレール』が絶対にお勧めです。

何故かと言うとモンクレールとは、欧州諸国だけでなく、全世界的に絶大な人気を誇っている、素晴らしいダウンジャッケット制作メーカーだからです。

ダウンジャッケットを専門に開発している優秀ブランドと言うだけあって、身に付けているだけで、何だか優雅で贅沢な気持ちにだってなれます。その為街中に外出する時や、普段自宅の中で過ごしている状態でも、モンクレールのダウンジャッケットを必ず着こなし、充実した時間を上手く送っています。

しかしモンクレールのダウンジャッケットは、年齢層を問わない男性逹から、圧倒的な支持をどうして受けているのでしょう。

その秘密にはシャイニーナイロンを採用している事が、最も大きいのだと言えます。

モンクレールのダウンジャッケットの中で、特にインパクトがあるのが、光沢がある美しい素材により、しっかりと作製されている点です。

通常のナイロン素材の場合だと、着心地のみを中心に考慮されて作られている為、今一つ物足りなく思います。

 

モンクレールのダウンジャッケットとは、シャイニーナイロンによって綺麗に仕上げられているので、独特の艶やゴージャス感を確実に得る事が出来ます。

これまでのダウンジャッケットにあった、カジュアルなイメージを完璧にひっくり返した事が大きなきっかけとなり、モンクレールの商品を進んで購入する男性陣が、続出しているのだと言えます。